SDGsSDGsの実践

SDGs 持続可能な開発目標

SDGs(エスディージーズ)とは、
国際社会が「地球上の誰一人取り残さない」をテーマに掲げた、
2030年までの持続可能な開発目標です。
持続可能な開発のための2030アジェンダに記載された
17のゴール・169のターゲットから構成されています。

Sustainable Development Goals

  1. 1貧困をなくそう
  2. 2飢餓をゼロに
  3. 3すべての人に健康と福祉を
  4. 4質の高い教育をみんなに
  5. 5ジェンダー平等を実現しよう
  6. 6安全な水とトイレをみんなに
  7. 7エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  8. 8働きがいも経済成長も
  9. 9産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 10人や国の不平等をなくそう
  11. 11住み続けられるまちづくりを
  12. 12つくる責任つかう責任
  13. 13気候変動に具体的な対策を
  14. 14海の豊かさを守ろう
  15. 15陸の豊かさも守ろう
  16. 16平和と公正をすべての人に
  17. 17パートナーシップで目標を達成しよう
  18. SDGs

ドリーム・エナジーの
SDGsへの想い

ドリーム・エナジーは、再生可能エネルギー事業のトータルコーディネーターです。再生可能エネルギーを通じて、夢のある未来を創造していきたいと考えています。企業として、正当な利潤を追求し、社会貢献に寄与し続ける企業作り、家族・社員を含め、当社に関わる全ての人の“夢実現”が出来る環境作りを理念に掲げています。
また、「タフな地域コミュニティをつくる」ことをビジョンとして掲げています。タフな地域コミュニティをつくるということは、必要な電力をその地域の再生可能エネルギー資源によってまかなうことです。これは、誰もが必要な時に必要な分だけエネルギーを使うことができるエネルギーの地産地消を叶える地域コミュニティをつくるということです。このビジョンを達成することが、結果として国際社会が掲げているSDGsの達成に繋がります。
私たちは、ビジョンの達成を通じて、SDGsの達成に貢献します。

ドリーム・エナジーのSDGsへの取り組み

ドリーム・エナジーは、SDGs達成のための再生可能エネルギーの普及活動に
貢献しています。

太陽光発電を中心とした再生可能エネルギーの普及拡大

  • 7エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 13気候変動に具体的な対策を

まずは地域コミュニティにおける建物単位での再生可能エネルギーの普及が不可欠ですが、建物単位では必要な電力を常にまかなうことが困難です。
地域内で電力を融通しあい、地域単位でエネルギーの地産地消率を高めることで同時同量をを実現することが可能となります。

地域コミュニティとの共生

  • 8働きがいも経済成長も
  • 9産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11住み続けられるまちづくりを

再生可能エネルギー事業を通じて、地域コミュニティの活性化を目指しています。この取り組みにより、「8 働きがいも経済効果も」「9 産業と技術革新の基盤をつくろう」「11 住み続けられるまちづくりを」の目標に貢献していきます。

パートナーシップの強化

  • 17パートナーシップで目標を達成しよう

地方自治体や地域関係者の皆さま、パートナー企業様との協力関係なしでは再生可能エネルギー事業の普及はなしえません。日本国内外とのパートナーシップを強化することで「17 パートナーシップで目標を達成しよう」の目標に貢献していきます。